祈りを重ねる

アーティスト: 瀧口幸恵

TURN茶会イメージ図_Igarashi_edited.png

コンセプト

東北には、祈りの形があります

幾度となく繰り返されてきた災害

それさえも受容して、平穏を願い、未来を創造する

はかなくて、力強い、祈りの形

 

2016年から制作を始めた大きな祈りの形は

東北、サンパウロ、リオ、東京…

様々な背景の依代となって、

ここにやってきました

 

その姿に残された気配を手がかりに、

それぞれの祈りを重ねます

 

絶望や葛藤をものせて、

どこかにいるだれかを想い、

どこかの景色とつながってみる

 

時代や場所を超えて、

目には見えなくても存在するものに

出会えることを祈ります ​

実施方法

① ながめる

テープレコーダーの音声ガイドを聞きながらきりこをながめて、メッセージを書いてください。メッセージは茶室へ貼ってもらいます。

 

② うつす、きざむ、ながめる

作家からきりこの物語を聞いてもらい、実際に大きなきりこを制作して、それをながめます。​

会場内地図

アートボード 1map_2.png

プログラム詳細

参加人数

② うつす、きざむ、ながめる … 一回につき4~5名

実施時間

② うつす、きざむ、ながめる … 一回につき40〜60分

完成した作品の扱い

その場に展示したあと、南三陸に送って、来年1月のどんと祭にて、お焚き上げをします(返却はしません)。 希望者には、お焚き上げの様子の写真をお送りします。

​参加者へのお願い・注意

・茶室に展示してあるきりこに触れないようにご注意ください。

​タイムテーブル

① ながめる … 会期中、参加が可能です。

② うつす、きざむ、ながめる … 作家在廊日のみ、11:00と14:00の各1回ずつ実施します。

作家在廊日:

7月24日、25日、26日、31日

8月1日、2日、7日、8日、9日

 

※ 各プログラムの内容やタイムテーブルなどは、予告なく変更となる可能性がございます。

「3密」(密閉・密集・密接)を避けるため、入場制限する場合もございます。予めご了承ください。

アーティストについて

瀧口幸恵

瀧口_trim.jpg

1990年徳島生まれ。プロジェクトファシリテーター。背景を媒介し、関係性の結び直しや対立の超越を試みている。国際協力NGO・広告代理店勤務後、アーティスト EAT&ART TARO氏のアシスタントに(2015)。「TURN in BRAZIL」にワークショップファシリテーターとして参加(2016)。以後、複数コミュニティのアート・ローカル・学びの場づくりや企画調整に携わる。アーツカウンシル東京(2017)、株式会社Barbara Pool(2018-2020)、取手アートプロジェクト(2019)、「隅田川怒涛」リサーチャー(2019-現在)、一般社団法人Next Commons Lab ディレクター(2020-現在)。

アーティストのこれまでのTURNでの活動:瀧口幸恵