結ぶ、繋がる。

アーティスト: そねまい

TURN茶会イメージ図_sonemai.png

コンセプト

うちわの中で結び、繋がる裂き織りの糸。誰かの着なくなった服を、1枚のうちわに繋げて織り込む。だんだんと風が巻き起こり、遠くの誰かと、近くの誰かと繋がります。

実施方法

1. 着なくなった服を裂いて裂き織りの紐をつくる。
2. 紐をまるめて糸をまく。
3. うちわに裂き織りを編んでいく。
4. 次の人へメッセージを書く。

5. 一枚のうちわに2~3人で完成させる。

6. 完成したら他のうちわと繋いで展示する。

会場内地図

アートボード 1map_11.png

プログラム詳細

参加人数

1回4名程度

実施時間

​1名あたり30分程度

参加方法

事前に準備するもの:特になし

完成した作品の扱い

完成した作品はその場に展示します。

​タイムテーブル

​会期中、参加が可能です。 アーティストは不在の場合がございます。予めご了承ください。

作家在廊日:7月23日、24日、25日、28日、31日

      8月1日、8日、9日

※7月29日、8月5日、7日は不在になりました。

※ 各プログラムの内容やタイムテーブルなどは、予告なく変更となる可能性がございます。

「3密」(密閉・密集・密接)を避けるため、入場制限する場合もございます。予めご了承ください。

アーティストについて

そねまい

そねまい_trim.jpg

1993年静岡県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修了。2016年中南米を縦断中、グアテマラで巧みに織られた色鮮やかな民族衣装と文化やものを大切に生きる人々に魅了され翌年1年間マヤ系先住民の方々と暮らしながら織物、染色を教わる。この時の経験から織物の糸を人と人の繋がりをもたらすツールとして作品制作を模索し始める。現在は日本を拠点に、旅をしながら制作活動を行う。

アーティストのこれまでのTURNでの活動:そねまい